松田ウキで沈め釣り『松遠』で試してみました!

松田ウキと言えばタナを設定し喰いの悪い時はウキの馴染みと感度を利用して魚を喰わせる。なんてイメージと思いますが

悪条件過ぎてどうしても一日が終わりそうな喰いの悪い時は松田稔も沈め釣りを行います。

そこで今回は松田ウキでの沈め釣りを簡単にUKIYAお得意様に説明してもらいました。



皆様こんにちは。最初に言っておきますが浅いタナや水温の高い時期、魚の活性が良い時はわざわざウキを沈めたり抵抗押さえたりしなくてもウキ下決めて手返しよく釣った方が良いです。私は海の状況や魚の活性に応じて沈め釣りも多用しています。

私の沈め釣りパターンは2つ

①タナを設定して仕掛けが張れて馴染んでからジワジワと一定速度で落としていくやり方

②ウキ止め糸なしでウキの自重と調整ナマリだけで張りながら沈ませていくやり方


②のやり方は最近増えてますよね、ウキが000とかウキの自重だけでじわじわ沈む。イメージと感覚の釣り方だと思っています

今回は①の沈め釣りを簡単に松田ウキ『松遠』の00で試してみました。

この沈め釣りは松田会長も使う沈め釣りのやり方です。ただ会長は意地でも00は使いませんが(笑)


この釣り方は水温が低下する時期で魚の活性が低くなっている時や数日前から水温が低下している時・風の強い日や少し海が荒れて波が高い時に多用しています。

餌の付いている状態で仕掛けが馴染みウキが一定速度で沈みだしてからのスタートですが、張りながら仕掛けを入れている途中にアタリがある場合もあるので常にウキと道糸、穂先に集中しています。

【沈め釣りのポイント】

①まずウキ着水後に仕掛けが馴染みじわじわとウキが沈みだしてからの速さを確認する。


なぜかというとこの釣り方の一番重要なところが沈み加減の調整にあると思っています。

まず手前でウキを目視できる場所で沈み加減を確認、目で追えるギリギリまで沈んでいくのを確認し調整してから狙ったポイントに投入します。この釣り方は餌付きの仕掛けを沈ませて自分の喰わせたい層の間をゆっくりジワジワ通したい釣り方なので海面と海中での違いもあるでしょうし、その時の風の強さや風向きによってウキにかかる負荷も違ってくると思います。(その都度に応じての調整が必要です!)ある程度、釣りをしながら魚の喰ってくるタナや道糸の送り出し、穂先の曲がり(仕掛けの張り)加減で潮の速さに応じて沈み加減の調整や仕掛けの回収のタイミングを行います。